ひろさんの貿易・通関 雑記録

貿易、物流、通関に携わる会社員の呟きです。 輸出入業者や貿易通関実務担当者へ、ビザスクやココナラでコンサルもしてます。  

物流一般

ウィルスの影響

どちらの物流業者も、今回の件はご苦労されていると思います。 私の身の回りの狭い範囲での話ではありますが、現状どうなっているのか、簡単にお話してみようと思います。 *物量 振り返ってみると今年の中国旧正月は例年よりも早く始まりました。例年に比べ…

コスト削減の考え方

色々と方法はあるのだと思います。 物流に携わっている我々業者側としては顧客に対しての1番のアピールの仕方でもあり、これが出来ない業者はなかなか顧客側から評価されないと思っています。 会社としても担当者ベースで考えても、取扱範囲(知識)が広ければ…

業者の選択

数ある業者(フォワーダー、通関業者等)から、どこを選ぼうかと悩む方もいらっしゃると思います。 一番影響力あるのは担当者のキャラクターかもしれませんね。もちろんファーストコンタクトが営業なのかラインスタッフなのかもありますしその方が自分の専属担…

コンテナは誰のもの?

こう聞かれると「何をいまさら」感がありますが、状況次第では「え?」となる事があったりします。 我々現場にいる者は、「空コンテナの返却」については頭を悩ませています。 輸入コンテナの貨物を納品場所で降ろし、そのまま運送業者はコンテナヤードまで…

分業制

どの業界でもそうですがこの物流業界でも分業制を敷いている企業とそうでない企業が存在します。 結果的には、分業制を敷いている企業は大手に多いように思います。分業制の対応する言葉をここではわかりやすいように一貫制と書きますが、中小企業は一貫制を…

この業界でのホットな話と言えば……

少し落ち着いた感もあるかもしれませんが、やはりドライバー不足。宅配業者から始まり、今や全ての運送業者の共通の経営課題、いや、声を大きくして荷主に主張できる武器にもなりました。 理由を考えると、個人的には若者の車離れというよりは儲からない仕事…